MIRCマリン情報

潮汐情報 > 潮汐の知識 > 科学的な潮名の決め方

干潮と満潮の水位差を「潮差」と呼び,この潮差の大きい時を大潮期,小さい時を小潮期,また小潮期から中潮期に移る期間は長潮または若潮と呼ばれています. 潮差の大きさが月の形に関係することは昔から知られており,満月や新月の頃は潮差が大きく上弦と下弦の頃は潮差が小さくなります.

月と太陽が同じ方向にある時が新月(月齢0)で,いいかえれば地球の中心から見て月と太陽の黄経差(月の黄経から太陽の黄経を引いた値)が0度となる時のことです. 月と太陽が地球を挟んで相対している時が満月で,黄経差は180度になります. 上弦と下弦の時はそれぞれ90度および270度となります.

MIRCマリン情報では0時(日本時間)における黄経差に基づいて,一般に用いられている潮名を下表のように割り当てています.

潮名黄経差割当日数
大潮343° 〜 31°4日
中潮31° 〜 67°3日
小潮67° 〜 103°3日
長潮103° 〜 115°1日
若潮115° 〜 127°1日
中潮127° 〜 163°3日
大潮163° 〜 211°4日
中潮211° 〜 247°3日
小潮247° 〜 283°3日
長潮283° 〜 295°1日
若潮295° 〜 307°1日
中潮307° 〜 343°3日

日本周辺では大潮の時期が通常,新月や満月の日から1日遅れて発生し,同様に小潮も上弦と下弦の時より1日遅れるため,黄経差の範囲を少しプラス側にずらしてあります. また,潮名の一巡は30日であることから,一日の黄経差を12度として,四日間の大潮の後に三日間の中潮を割り当てています. ただし,実際の黄経差は一日12.1度なので,潮名の割り当て日数が変わる場合があります.


Copyright(C) MIRC/JHA
戻る